用語解説 福岡アロマ求人/福岡アロマアルバイト-女性向け高収入求人アルバイト情報AromaNavi

福岡高収入アロマ求人ナビ

用語解説

何かと専門用語が多いアロママッサージですが、気になる言葉や興味がある言葉に一度目を通しておけば不安も解消。楽しくアロママッサージを楽しんで頂けると思います。

アーユルヴェーダ
ンドを発祥の地とした5000年の歴史を持つ伝統療法をアーユルヴェーダという。 現代のアロママッサージのルーツともいえる。たんに病気を治すとか、身体の一部分を治療するというだけでなく、 生活全体にアプローチすることで、最高の状態に健康を維持増進することにより、長寿をはかろうという考え。 セサミオイルを用いたオイルマッサージが有名。
アロマセラピー
花や草などのハーブ(薬草)植物から抽出される天然の芳香成分、“精油(エッセンシャルオイル)”を用いて、 心と身体のバランスを整え人間本来の自然治癒力や抵抗力を高めるもの。アロマテラピーともいい、アロマ=芳香、セラピー=療法、という意味。 芳香療法ともいい、植物療法のひとつ。アロママッサージはその応用。
オーラソーマ
カラーセラピーの手法のひとつ。100種類以上あるカラーボトルから、上下2色に分かれたカラーボトルを選ぶ事で複数の組み合わせや配列から深層心理を探っていく療法をオーラソーマという。 アロママッサージとセットでの療法を行うサロンも多い。
カイロプラクティック
骨の歪み、特に背骨のゆがみを手を使って矯正し、神経の働きをよくすると主張される民間治療法をカイロプラクティックという。 医学的な観点からは疑問が多い、と指摘されることも多い。
タラソテラピー
ギリシャ語のタラサ=海とフランス語のセラピー=療法からなる造語がタラソテラピー。 海辺に滞在して、その景観を楽しみながら、海洋気候のもとで海水、海藻、海泥を用いたさまざまな療法を行うという自然療法。 特別な設備が必要になるため、タラソテラピーサロンはホテルやリゾート施設に併設されていることが多い。アロママッサージもメニューに加えるサロンも多い。
リフレクソロジー
足にある反射区(リフレクスエリア)に刺激を加えることにより、その対応する体の部分(臓器・腺)を活性化する自然療法をリフレクソロジーという。 足裏マッサージが主たるものだが、全身もある。なお、反射区の存在は医学的に説明されているものではない。 アロママッサージサロンでは、リフレクソロジーもメニューに加えていることが多い。
リンパドレナージュ
リンパマッサージともいいリンパ液の流れを活性化して人の身体にとって不必要な異物や老廃物を集め、排出する手法をリンパドレナージュという。 アロママッサージを組み合わせることも多い。
ロミロミ マッサージ
ハワイ語で「揉む、マッサージする」をロミロミという。ハワイで何世代にもわたって行われてきた伝統のヒーリングをロミロミマッサージという。 心地よく全身をトリートメントしていく癒しの技術でありオイル・マッサージの一種。 方法の特徴は、手のひらだけでなく、腕全体を用いたリズミカルなトリートメントにある。アロママッサージをメニューに加えるロミロミサロンも多い。
ノート
香りの揮発速度(香りの持続時間)の目安。トップ(2時間程度)、ミドル(2〜6時間)、ベース(6時間〜数日)。 揮発速度の遅い方が香りが長持ちする。
トップノート
揮発性が高く、香りが早く消える。 香りの種類はフレッシュで爽やかな物が多く、フルーツやミント系。 即効性があるので気分もスッキリするが持続性はない。
ミドルノート
フローラル系、ハーブ系の香りが多い。 ブレンドしたときにトップのかぐわしい香りのあとに重厚な香りが拡がる。 トップとミドルの2種類でブレンドすると合わせやすい。
ベースノート
樹脂・樹木系、エキゾチックな香りが多い。 他のノートが消えても、ベースの香りは数時間持続する。 ベースの配分が多すぎると香りの刺激が強くなるので、ブレンドのバランスは少なめに。
ブレンドファクター
数字は精油の滴数ではなく、ブレンドするときの比率を表す。
キャリアオイル
アロママッサージオイルや肌に浸透させるアロマテラピーに精油を使うとき、またアロマバスで使うときはキャリアオイルが必要になります。 キャリアオイルにも効能を持っていて、その種類も数十種類あります。
エキナセア
エキナセアは北米のネイティブアメリカンが古くから利用していたハーブで、ウィルスや細菌などに対する身体の免疫抵抗力を高める効果があります。 季節の変わり目や、風邪・花粉症の予防などに効果的で、お茶やサプリメント、キャンディーなど、多くの商品が発売されています。
サンスベリア
日本語では「虎の尾」と呼ばれ、マイナスイオンを放出するとして評判になった観葉植物です。 リュウゼツラン科の多肉植物で、非常に丈夫なので簡単に育てることができます。 極稀に花を咲かせることもあるそうで、葉の模様も様々なものがあり、手軽に手に入ることから、今最も人気の観葉植物と言えるかもしれません。
シアバター
アカテツ科のシアバターノキという植物の種子から搾油される植物性脂肪です。ほぼ無臭で常温では固形ですが、35℃以上で融けます。 保湿作用が高く、ボディクリームなどの材料によく使われますが、浸透性があまり良くないため、オイルトリートメントにはあまり使われません。
精油
エッセンシャルオイルのことで、植物に含まれている揮発性の芳香成分を含む有機化合物です。 油という文字はありますが、油脂とはまったく別の物質で、水に溶けにくく、アルコール・油脂などに溶ける性質を持っています。
セロトニン
俗に「幸福ホルモン」と呼ばれるホルモンです。何らかの原因でこのセロトニンの分泌が減ったり、 分泌されていても正しく機能しないことが、うつ病などの一因になると考えられています。
蜜蝋(ミツロウ)
蜜蝋とは、ミツバチが巣を作るときに体内から作り出すワックスのことです。 不純物を取り除いただけの未精製品と、色やにおいまで除いた精製品があり、精製・漂白されたものはサラシミツロウと呼ばれます。 古くから、ロウソクの原料として使われたり、また、保湿・柔軟・殺菌作用があるといわれ、エッセンシャルオイル(精油)などとブレンドして、 クリームやパック、リップクリームなどのスキンケア用品の基材として使われてきました。
メリッサ
レモンバームと呼ばれるハーブから抽出されるエッセンシャルオイルです。 ミントの仲間ですが、レモンに似た爽やかな香りがし、 葉はそのままではハーブティーやアイスクリームの飾りなどによく利用されます。 パニックやヒステリーなどを落ち着かせ、 ストレスや不眠、偏頭痛などにも効果があります。
ラベンダー
シソ科のハーブで、アロマテラピーにおいては最も有名な植物といえるかもしれません。近代アロマテラピーの発達のキッカケにもなった植物で、 鎮痛や精神安定、防虫殺菌、 火傷の治療などにも効果があり、クッキリとしたフローラル調の香りをしています。 同じラベンダーでも、品種や原産地などによってかなり芳香成分が異なり、それぞれ効果のある対象も異なってくるので、 ラベンダーのエッセンシャルオイルを利用する際には学名や内容成分を十分に吟味する必要があるとされます。
リバランシング
圧・按摩・レイキ・オイルマッサージ・リンパドレナージュ・ブレスワークなど、現存する20〜30種類の手技療法を、 南インドで開発された「ロルフィリング」という技術を元に纏められた、総合的ボディワークです。 精神的なバランスや身体の歪みに対するアプローチを目的とし、治療や美容のためだけでなく、 自分自身の内面も見つめるトータルケアの側面を持った治療法です。
溶剤抽出法
エッセンシャルオイルの作り方の1つです。 有機溶剤(石油エーテルなど)に植物を漬け込んで芳香成分を溶かし、それを蒸留によって溶剤と芳香成分に分ける方法です。 熱を加えるのに向かない香りに適した方法で、主にジャスミンやローズ、 ネロリなどのデリケートな香りのものに使用されます。この方法で抽出されたものは、 アブソリュートと呼ばれ、繊細な花の香りを有します。一部ではアブソリュートと精油を区別する考え方もあります

関連Q&A